【エロ漫画】クソ野郎どもっほら見ろ!俺の妹が一番かわいいじゃねえかよっ!「走れ!」【40枚】

27+

000000107222015050310722

000000107232015050310723

000000107242015050310724

000000107252015050310725

000000107262015050310726

000000107272015050310727

000000107282015050310728

000000107292015050310729

000000107302015050310730

000000107312015050310731

000000107322015050310732

000000107332015050310733

000000107342015050310734

000000107352015050310735

000000107362015050310736

000000107372015050310737

000000107382015050310738

000000107392015050310739

000000107402015050310740

000000107412015050310741

000000107422015050310742

000000107432015050310743

000000107442015050310744

000000107452015050310745

000000107462015050310746

000000107472015050310747

000000107482015050310748

000000107492015050310749

000000107502015050310750

000000107512015050310751

000000107522015050310752

000000107532015050310753

000000107542015050310754

000000107552015050310755

000000107562015050310756

000000107572015050310757

000000107582015050310758

000000107592015050310759

000000107602015050310760

000000107612015050310761

27+

コメント

  1. 名も無き紳士 より:

    コメントをどうぞ????
    最高です!!!!

    1+
  2. 名も無き紳士 より:

    すこだ

    0
  3. 名も無き紳士 より:

    感動した

    0
  4. 孤独な独り身に穏やかな時を−− より:

    仙台のとある終点駅、バスプールのベンチにいつもボーっと座っている娘がいる。実は高校の時の同級生。更に言えば小学校も一緒だった。中学は私立の女子校だったから一番輝いていた頃を見逃していたんだけど…。
    何故だろう?今、ベンチに座るあの娘は、高校のときよりも幼く映った。マスクをしてるからだろうか?きっと僕の知らない中学の時のあの娘そのもののようにあどけない仕草で…。
    声をかけずにはいられなかった。僕の小さな、張り詰めた勇気。
    『どちらさまでしょうか?』
    …あの娘は僕のことなんか覚えてくれてなかった。当たり前だけど、ゴミを見るかのような冷めた目でこっちを見ていた。
    胸が締め付けられるような気がした。
    いや、締め付けられた。
    『あ…いや、もういいです…』
    そう言って走って逃げた。
    家に戻って卒業アルバムを眺める。
    高校卒業してからまだ2年も経ってないのに記憶にもない同級生という立場。でも、僕はずっとあの娘を好きだったんだ−−。
    『…○○クン…意気地なし…』
    あの後、きっとあの娘はそう呟いていたはずだ…そんな有り得ない妄想をいだいて、僕はまた途方にくれる。
    もうすぐXmas、彼女もきっと誰かに抱かれる。
    僕の知らない誰かに抱かれる。
    狂おしいほどの嫉妬の中、そしてまた僕は途方にくれる。

    0